食品汚染問題

 晴天の朝、
気持ちいい朝ですね。
築地の仕入れも快適ですね、ちょっと前まで暑かった?なんて
忘れてしまった様です・・・寒くなるのもすぐなのに。
本日も素敵なお客様の予約がいっぱいです・・・何と幸せな事。
仕入れにも力が入りまして。。。
白身はマコ鰈、青身はカンパチ、光物はコハダ、細魚、鯖、秋刀魚、
鯵、鰯と勢揃い・・・貝は赤貝、平貝、ホッキ貝、ミル貝、青柳、小柱、
帆立、蛤、鮑・・・まぁたくさん。鰹、ウニ、いくら・・・烏賊は墨烏賊にヤリ烏賊。
穴子に車海老・・・蛸に白魚・・・まだまだたくさん。
仕入れているだけでまた幸せ・・・松茸は宮城産、土瓶蒸がいいですね。
やっぱり、やったらやめられません・・・お鮨屋さん。

昨晩も満員御礼でした・・・御来店誠に有難うございます。
株価が下がり、世の中不景気風が吹いているようですが
我が家のお客様の笑顔を拝見致します所・・・不景気なんて
どこ吹く風って感じです、お客様の笑顔で幸せを感じる鮨好き親父です。
その中の素敵なお客様をちょっと御紹介。
あるかつら屋さんの女将さん、鮨好き親父はその女将さんを『私の財布』と
呼んでいて、大変親しくして戴いております。
仕事柄『粋でいなせなその女将』・・・ポンポンと言葉巧みに鮨好き親父を
イジメルのですが、全てが優しい。鮨好き親父の癒しのお客様・・・
そんなお客様っているんですよね。
どんなに忙しくても疲れていてもそんなお客様が1日1組お出でになってくれたら
1日全てが笑顔で終了って感じですね。感謝、感謝です。

 また問題、
中国の食品汚染問題・・・馴れっこになってきてますよね・・・これも問題。
ずっと前にも書きましたが、食に対する根本が違う訳ですから仕方ない様な
気がしますよ。バブルがはじけてからの日本は何でも安い物が良い物みたいな
風潮になってきてましたよね、安い物を仕入れようとすれば日本では賄えない、
全てが安い中国から仕入れざるをえない訳でして・・・
毎日築地の市場でお魚さんを仕入れておりますが、どんなに大量に仕入れようが
値切りようが、これ以上は下げられない価格ってありますよね、
しかしそれ以下の価格で提供されているお魚さんって、たぶん?たぶんですが?
国産の本物ではないような???全て国産が良い物とは言いませんが・・・
最低限の価格ってありますよね。
安さを追求した挙句に食品汚染、食品偽装、なんて問題が出た訳でして。
でも問題はその価格を求めた消費者にもあるような・・・
『売り手のモラルと買い手のモラル』・・・考えてみましょうよ。

何だか評論家にでもなったような気がしております鮨好き親父でした。




"食品汚染問題" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント